宿根草

【宿根草】暑さでボロボロになってしまったサルビアはどうなった?サルビア ネモローサカラドンナ秋(9~11月)の栽培記録。

酷暑で8月にボロボロになってしまったサルビア ネモローサカラドンナ。

でも株元からは新芽が出てきてくれていたので、枯れた部分を切り戻しして様子を見ています。👀


そんなサルビアの秋(9~11月)の栽培記録を今回はお届けいたします。


夏(6~8月)の様子はこちらです*

tomomi

こちらでは一年を通してどう成長し変化していくのか、という栽培記録を主に書いています。

耐寒性ゾーン8b(− 9.4°C ~− 6.7°C)の温暖地(中間地)で育てていますので、ご参考になると幸いです*

サルビア ネモローサカラドンナ秋(9~11月)の栽培記録。

2023/9月

2株植えていますが、ひとつははじめに半日陰に植えていたので同じ時期に植え付けたものの株の大きさが違います。

ずっと日向で育てていた方。
夏、ボロッボロになりましたが、なんとか育ってくれているようです。

▼ボロッボロになったネモローサ。8月の様子。

ひと回り小さめの株の方もなんとか大丈夫そう。

2023/10月

10月になってだいぶ涼しくなってきたからか、元気を取り戻してきているようです。。!✨

小さい株の方もちょっぴり成長しています。

2023/11月

10月とあまり変わりない感じですね。

こちらも変わりなく冬を越せそうでよかったです。😢

あまり変わりない秋(9~11月)のサルビア ネモローサカラドンナの栽培記録となりましたが、あれだけボロボロになっても復活してくれる宿根草ってすごいですね。。!

宿根層によっては夏の暑さでそのまま枯れてしまうものも多々ありますが、このサルビアは毎年楽しませてくれそうです。

tomomi

2023年の冬はちょっと訳あって栽培記録の撮影が出来なかったので、次回は2024年の冬(12~2月)の様子をお届けいたします*

▼わが家では楽天のおぎはら植物園さんで苗をいつも購入させていただいています*

おすすめ記事*

▼ネットでのお買い物に失敗しない!良質な苗を買えるネットショップ*
植物をネットで買うなら、このサイトがおすすめ*良質な苗が届くネットショップ6選をご紹介。

-宿根草
-, , ,